HOST NEWSホストニュース

おもしろ

飛んでみた!命をかけたスカイダイビング!*死を覚悟した人間の写真あり



2014年1月某日・・・
この企画はそれは名古屋のホストクラブLover`sさん、たもさんよりとある1本の電話からはじまった。

メンズナックルホスト 

「体重何kgですか?」
と突然の電話。
ひるむ私。
「いきなりなんですか?」
「いやちょっと予約するのに知りたくて」
「なんの予約ですか?」
「あれ聞いてないですか?」
「空飛ぶんですよー!」
「まさかスカイダイビングですか?」
「そうです」
「ガーン!」
「というか.たもさんはとんだことあるんですか?」
「いや自分もないですよ、でもなんかとんだ友達がいうには、空を歩いているみたいで全然大丈夫と言ってましたんで」
「というか空を歩くってどういうことやねん!、歩いたことないわ。とは言い返せず心の中で1人ツッコミ 汗」。
そして若干高所恐怖症の私がスカイダイビングをすることになったのです。
そこから

・・
・・・
・・・・
・・・・・
1時間後・・・
もう1度電話してキャンセル出来ないかお願いしてみる私。
答えは即答だった。
「もう予約しちゃったんで無理です。しかもキャンセル料かかるんで。」
とばっさり。
「じゃあキャンセル料払います!」
「いや、そういう問題じゃないんで」
「どういう問題やねん!またまた心の中で1人ツッコミ 汗」
もうしょうがない、腹をくくるしかない。
そしてそこから出発の日までの約1週間。
本当に胃が痛い思いをすることになる(笑)

腹をくくった私は少しでも自分を勇気づけようと、色々インターネットでスカイダイビングの検索をしてみることにした。
きっといいことがたくさん書いてあるだろうことを願って・・・

・・
・・・
・・・・
・・・・・
・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
するとなんとーーー!
死んだ人がいるとか、着地には骨折するのが当たり前とか、飛ぶ前にはとんでもない契約書をかかされるとか・・・
勇気づけられるどころか、完全に失意のどん底にまで落とされました。
でももちろんいいこともたくさん書いてありました、
人生が変わった、超気持ちよかった、飛ぶ前は怖かったけど絶対に人生で1度はやってみるべきだとか・・・
でももはや失意のどん底にまで落とされた私には、それを素直に受け止めることは出来ず。
ハワイに飛び立つその日まで、スカイダイビングのことを忘れようと必死に仕事に打ち込むのでした。


メンズナックルホスト 

そしてハワイに到着し、スカイダイビング当日を迎えた。
まず朝の集合時間に私は驚いた!
集合時間AM6:50 シェラトンワイキキホテル
ここまで読んでいただいた皆様ならお分かりかもしれませんが、もちろん私前日緊張してほぼ寝れませんでした(笑)
そして当日待ち合わせ場所へ。
やっぱりビビっていた私は、集合時間になった時に、少し遠くの場所で待機。
みんな寝坊していますよーに!
と祈りながら、待ち合わせ場所を遠距離から確認。
そして待ち合わせ時刻。
「ん、みんなみあたらないぞ?」
淡い期待が脳裏をよぎる。
そして自分の電話もならない。
これはもしかして・・・
そして時刻はAM6:55
心配になりたもさんに電話をかけてみる。

・・
・・・
・・・・
・・・・・
むむっ!
(もしや電話に出ないのでは・・・)
と思った瞬間
「もしもし」
「もういますか?」
「いますよー はやくきてください」
私の淡い期待は一瞬にして吹き飛ぶ。
待ち合わせ場所には、ガイドの人と大型のバスが。
僕たちを安心させるつもりなのだろうか。
ガイドの人は、やたら感じのいいおじいさんだ。
そうやってやたら感じのいい人を用意して、俺らを怖くないよと安心させるつもりなんだろう。
(あとから分かったことだが、近いうちに日本で本を出版するらしい。有名人なのだろうか?)
そしてバスに乗り込む。
ここで今回のダイビングメンバーの紹介。

カズ
メンズナックルホスト 

田茂井 重人さん
メンズナックルホスト 

黒咲 恋さん
メンズナックルホスト 

ゼロさん
メンズナックルホスト 

夜一楓さん
メンズナックルホスト 

この5名。
そしてハワイのホテルを何か所か周り、バスには合計20人前後のメンバーになった。
意外に女性の人も多くてちょっとビックリし、すごいなぁとしみじみ。
そしてバスは目的地へ向けて走り出す。
そしてその道中にあの噂の例のアレが、メンバー全員に手渡される。
そうです。
あのネットサーフィンで発見した、おそろしい契約書ってやつです!
例の感じのいいおじいちゃんが運転をしながら、口頭でみなさんに書き方を説明してくれます。
おそよスカイダイビングのスポットまで1時間くらいでしょうか。
感じのいいおじいちゃんのスカイダイビングは素晴らしいのプレゼントークを聞きながら目的地へ向かうのでありました。
目的地へつくと、屈強な男たちがみんなスタンバイ中。
こちらを見て、今日も世間知らずな野郎どもが来たとでも言わんばかりの表情。
そして僕らは5名全員で飛びたいという希望を感じのいいおじいちゃんに伝え、そうすると1番最後になり、結局到着してから3時間位待たされることになるのでした。
この不安な状況の中、待っている3時間はなかなかつらかった。
1番ビックリしたのは、みんな近くのお店でテイクアウトで飯を食べているのには本当にびっくりした。
これから死ぬかもしれないダイビングをするのに、コーラをのみ飯を食す。
いやだいやだといいながら、なんという神経だと思った!
「食べます?めちゃめちゃうまいですよ」
メンズナックルホスト 

と言われましたが、全然食べる気持ちに自分はなれませんでした。
そしてなかば3時間も待つとテンションも落ち始め、朝もはやかったため寝そうになったときについに僕らの出番がやってきました!
それじゃあみなさんいきまーすと!
1人1人が、一緒に飛ぶ人に呼ばれます。
そして説明を受ける。
飛ぶときに私たちがすることは3つだけ。
その①
手は胸の前で組む
その②
首を上にあげる
その③
インストラクターに肩をたたかれたら、
手を開き、えびぞりに
何回かインストラクターと一緒にやります。
練習するのはほぼこの間だけ。
そして少し歩いてセスナ?へ乗りに行きます。

メンズナックルホスト 

そしてこのセスナがまたすごいことすごいこと。
真ん中に2列電車の座るシートみたいなものがあって、そこに飛ぶ順番に座らされます。

メンズナックルホスト 

そして飛ぶ順番は、
1番夜一楓さん、2番田茂井 重人さん、3番黒咲 恋さん、4番私、5番ゼロさんの順番でした。
マジで何が怖いって、この待っている間は本当に怖かった。
そして自分がいざ飛ぶ順番。
マジでこの飛ぶ前が本当に1番怖い。
セスナの窓があいて、自分が下を見ると眼下に広がるハワイの風景。
雲とか普通に見えるんですよ!?
飛行機乗ったことがある人なら、あの飛行機の窓側から下を見る感じ感じです。
実際の写真がこちら。

メンズナックルホスト 

そしてここから飛ぶことをイメージしてください。
本当に半端ないですよ。
そしてカウントがはじまります。
3、2、1・・・
もはやそのカウントを止めることは出来ず、飛び出しました。

メンズナックルホスト 

飛び出した瞬間、本当に一瞬気を失いそうになります。
ただ気を失っていたら、リアルにインストラクターに切り離されてしまいますので、気を失っている場合ではありません。
気を失う=人生の終わり
を意味するのです。
そして空に舞ったらやらなければならないこと。
ジャパニーズ
「EBIZORI」
です!

メンズナックルホスト 

飛んだらすぐにインストラクターに肩をたたかれます。
そしてなんとか
「EBIZORI」の姿勢に。
約1分間ものすごいスピードで落下していきます。
(時速200kmだそうです)
そして人生何が起こるかわかりませんね、あれだけ最初は怖くても慣れてくるんですね。
後半30秒は自分も楽しんでいました(笑)
このまま楽しんで終わるのかと思いきや、地獄はこれからだったのです。
そしてその瞬間はやってきた。
1分間のフリーフォールの後、パラシュートが開くのですが、このパラシュートの時間が、、、

メンズナックルホスト 

サービス精神旺盛なインストラクターのおかげで、右へ左へえらい振り回されました。
僕は「STOP!」「STOP!」「STOP!」
とハワイの大空で叫んでいました。
ただ本当に大空から見下ろすハワイの風景は本当にきれいでした。
これは本当にスカイダイビングの醍醐味でしょう。
そして無事に骨折することもなく着地。
ただ着地後自分は10秒くらい唖然として立てなかったです(笑)
カメラマンにも
「タッテクダサイ」
と言われてしまいました。
そして無事にダイビングは終了。
その後部屋に戻って、自分が飛んだDVDを見せられます。
あれだけの思いをしたので、飛んだ5人全員とも即購入。

メンズナックルホスト 

※5人の写真の下に真ん中に座っているのが、噂の感じのいいおじいさんです。笑
コンバージョン率100%ですね。
本当に一生の思い出に残るハワイ旅行でした。
スカイダイビングを飛んで私が分かったこと。

1、 本当に怖かったけど、人生で1回はやってみるべき。世界観変わります。
2、 話のネタになる。
3、 飛ぶ前の自分より、少しだけ強くなれる

さぁみなさんも一生に残る思い出をスカイダイビングで作りましょう!

メンズナックルホスト 





 

動画はこちら


動画の方もアップしたのでぜひチェックしてみてください!!

 
ホストがスカイダイビングしてみた in ハワイ 【vol.1】
 


 
ホストがスカイダイビングしてみた in ハワイ 【vol.2】
 
 

 

ホスト求人情報


一緒にスカイダイビングをしてくれるプレーヤー募集!!!!笑
Lover`sで働いて、どんどん人気になって一緒にスカイダイビングをしましょう!!
店舗ページはこちら









 
  • 名古屋
  • ラバーズ
  • Lover's
  • Tel:052-263-8900
  • 愛知県名古屋市中区栄4丁目4-18
    大善ビル4階

















 





posted by
ホストクラブのニュースや求人などの店舗情報をお届け!
No.1ホストまとめサイト
MEN'S KNUCKLE HOST  /  メンズナックルホスト

ホストニュース | 店舗リスト | ホスト個人 | ホストブログ | ホスト求人情報 |

関連ホストニュース

新着ホストニュース

編集部ピックアップ

メンズナックルホスト新掲載店舗

Follow Us