HOST NEWSホストニュース

美容

【その整形ちょっと待った!】超話題! 顔の運動で理想の顔に近づける!?





『目がもう少し大きければ・・・・』

『あと数ミリ少し鼻が高ければ・・・・』

『顎のラインがもう少しきれいなら・・・』


など、


誰でも、自分の顔と理想の顔の違いに悩むことはありますよね。



そして、そんな悩みの解決策として時々脳裏をよぎるのは「整形手術」という選択肢。確かに整形手術をすれば、理想の顔へと近づくことはできるかもしれません。




ですが、費用やアフターケア・年を取ってからどうかなど未知の部分も多く、中に整形を担当するお医者さんの腕によって出来栄えに差があるなんて事もまことしやかに噂されています。





ですので、今日は整形手術を判断されるその前に
今ネットで超話題!!


『3日で結果がでる!? 舌回しの方法』


について紹介したいと思います!




◆トレーニング方法◆




①口を閉じます。
 










②舌で歯茎をなぞるように動かし、円を描きます。
※この時閉じた口が開かないように注意してください。



 



③これを25周、終わったら逆回転で25周します。


 








④これを、一日に2回行うだけ。



※25周もできない人は、まずは10回。逆回転も10回くらいにして1日1回にして慣れてきたら数を増やしていきましょう。
 












え?それだけ?








と思うほど非常に簡単なものですが、、、

やってみるとわかると思いますが、顔や首が痛くてすごく疲れます。普段、自分がいかに顔の筋肉や舌を使っていないかを思い知らされます。これでなぜ、結果が出るかについてはちゃんとしたいくつかの根拠があります。











 

日本人は日常生活で『顔』を鍛えられない


日本人=「顔・メタボ」 / 外人=『顔・マッチョ』
時に、海外の人のような顔になりたいと思ったことはないでしょうか?海外の人は平均的に顔面偏差値が高い理由は、骨格の違いもありますが、顔の筋肉がほぼみんな引き締まっているからなのです。


日本人は、顔の筋肉を普段20〜30%しか使っていない人が多いようです。つまり体を鍛えたとても顔だけはメタボ状態なのです。理由は、言葉とお国柄にあると言われています。日本語は他の言語と比べて口を大きく開かなくても伝わるようにできています。


アメリカ人は60%、ドイツ人は85%、顔の筋肉を日頃から使っています。また、海外では女優や俳優だけでなく、一般の人も『表情の練習』をする程、表情を言葉の一つして捉え、練習するという風潮があります。












 

舌回しの嬉しい副作用

●ホウレイ線や目のクマ対策にも!?
ほうれい線が出る原因は表情筋の衰えと言われております。舌回しを行うと、ホウレイ線の原因の筋肉の衰えが改善されて血行も良くなるため、「たるみ」や「クマ」が改善しやすくなるそうです。






●顔のゆがみや二重アゴにも効果がある!?
先ほどのトレーニングを実施すると実感できると思いますが舌以外の部分もめちゃめちゃ疲れますので、アゴのラインを引き締まって二重顎が軽減します。これは、他の顔や顔周りのの筋肉も同時に使っているからです。

また、いつもの癖で同じ方向で食べ物を噛んで偏っていた筋肉もトレーニングで左右どちらも使うようになると「顔のゆがみ」にも効果ありです。※ゆがみを治すのはすぐに効果は出ません。













 

まとめ

個人差はありますが、全く鍛えていなかった部分を鍛えるので、効果が出やすいトレーニングなのです。また周に1度200周くらいやったからといって効果がでるものではありません。毎日少しずつ継続することが大事です。てなわけで、

その整形ちょっとまった!

整形を決断されるのは悪いことではないと思いますが、その前にやれることは他にもまだまだもあります。それはまた別の機会に!


ではまた♪




 
お店を探す お問合わせ LINEで求人相談する











 

この記事を書いた人

ライター一覧

関連ホストニュース

新着ホストニュース

編集部ピックアップ

メンズナックルホスト新掲載店舗

Follow Us