HOST NEWSホストニュース

雑学

【衝撃事実】ファッションの流行・トレンドはどこから来ている?



みなさん、
チアっす。s・フィールドです。


今回はファッションの話。これを説明できたらモテるかも?



『今年のトレンドカラーは●●で決まり!!”』
『素材は○○○が流行る!!』


などなどファッション誌や、ファッションサイトはもちろんのこと、メンズナックルホストでも、みなさんに発信していますが、
その「今年は・・・?」とか「この春は・・・」などは


『一体、誰が決めてるの?』


と思ったことはありませんか?
今回はその真実について紹介したいと思います。



まず、現代のトレンド事情は2つの要素から構成されます。

1.トレンドを決めている組織がある
2.ネット社会でニューファッションリーダが誕生


今回は1について詳しく説明したいと思います。



 

1.トレンドカラー



実は2年前に今年のトレンドカラーは決まっています!
ファッショントレンドで一番最初に決まるのが流行色。
流行色の方向性を決めているのは、国際流行色委員会という組織が決めています。ここでは世界各国の色のスペシャリストが集まり、流行色を決めます。

※しかもたったの2日でぱっぱと決めちゃいます。








 

2.スタイルが決まります


ファッションのプロが見る『ファッション誌』がある!
次は、ファッショントレンド情報会社が、どんなスタイルを流行らせるかを、ファッション業界のプロ(デザイナー・パタンナー・バイヤー)に拡散します。スタイルとはモードとか、ボヘミアンとか、ノルディックとかテクノとか80年代とか、そういったいわば系統のようなものです。

そして、いくつか系統を決めたら系統別の『トレンドブック』を販売したり、トレンド予測セミナーを開催したりします。この時まだ、我々の目には全く入ってきませんが、実はその『トレンドブック』は、ファッション業界プロ用のファッション誌です。 デザイナーやバイヤーが参考にする程の、中身も外身もかなりオシャレな一冊です。


※一般の人でも手に入れることはできるようですが、2冊で44万円(税別)くらいします。もってたら自慢できそうですが。





 

3.素材が決まります


色の次は生地のトレンドが決定
次は“糸の展示会”と“布の展示会”で素材、つまり生地の流行がきまります。 トレンドカラーが決まってから約半年後〜1年位までの期間にそれらが決まります。





 

4.ようやくお披露目


『無言の圧力』トレンドには逆らえない!?
ここでようやく、みなさんが知っている『コレクション』で発表されます。「デザイナーならトレンドに逆らうのも一つのアイディアじゃないか?」という疑問が出ますが、

服も結局は利益を目的にしているのです。つまりトレンドに逆らう服をリリースすることももちろんできますが、色のトレンド決定で、糸も生地もトレンドカラーの生産ラインを増やします。その為、トレンドから外れたカラーや記事をリリースしすぎると、仕入れ値が上がるのでブランドも、採算が合わなくなります。

また、流行を無視して、買い手がつかなかったり、デザイナーの感性だけに利益を見込むことはリスクが高すぎるのです。








 

5.街で流行るのはさらに後


ようやく我々のところに届きますが・・・
コレクション発表と同時に、『VOGUE』などのファッションメディアから最新情報が拡散され、ようやく我々の目に届きますがまだ、街のファッションはそれほどかわりません。

私たちにとって身近なブランドが最新トレンドを取り入れ、私たちの身近なファッション誌で情報がフューチャーされてようやく、一般の人へ浸透・拡散されていきます。

そしてさらにここから、まずトレンドに詳しい人がそれをいち早く取り入れ、その人を見た人がそれを取りいれ、そのまたその人を見た人が取り入れ・・・というようにどんどんと広がっていきます。

※田舎の人が都会のファッションをバカにする理由はトレンドがまだ浸透しておらず周りにもそのようなファッションをする人口がすくないため、都会のトレンドファッションがすぐに理解ができないのです。
ここまでがトレンドが起きるまでの流れです。







 

トレンドの時代はもう終わり!?


ファッションの"本質"が変わる!?
今でもハイブランドが流行発信元であり、憧れの的であることは事実ですが、今までのように「トレンド着てればかっこいいぜ!」という人は減少傾向にあります。

近年情報化社会の影響で、誰でも情報を簡単に入手できるようになってきました。その中で情報に踊らされることなく、トレンドは一部だけ取り入れてあとは「本当に似合うもの・自分に合うものを」という思考の人が増加してきました。




明日のトレンドはあなたが作っている?
今では、ネットの中にファッションリーダー的な人がいて、その人の着ているブランドはトレンドに全然のっていない無名のブランドなのに、それが街で大流行!!なんてことは珍しいことではないのです。


ここからが、冒頭の『2.ネット社会でニューファッションリーダーが誕生』の話題になりますが、そもそも『【2】のファッションリーダー達はどこから影響を受けているのか? 』についてはまた別の機会に。



ではまた♪




 

この記事を書いた人

ライター一覧

関連ホストニュース

新着ホストニュース

編集部ピックアップ

メンズナックルホスト新掲載店舗

Follow Us